ホーム美人FP!リリ先生のハッピーマネー相談室 > 第2回 新婚のときから始めたい「家計管理術」って?

第2回 新婚のときから始めたい「家計管理術」って?

6月といえば結婚シーズン。編集部のA君もつい先日結婚しました。

甘い新婚生活を始めたようですが、現実の家計面ではそんなに甘くなく、奥さんにいろいろつめよられているようです。
お金で困らないために、新婚のうちから始めると良い「家計管理」はどのようなものがあるでしょうか。

A君、いそいそとリリ先生のところに相談にきたようです。

編集部
ぼくは新婚のときって、お金のことは追い追いでいいかなと思っているんですね。でも奥さんの方はそうじゃないみたいで。「家計管理」を整えるのは、やっぱり早めが良いのでしょうか?
リリ先生
早い方が良いです。結婚のあとにもいろいろお金がかかるライフイベントが続きます。
新婚旅行、出産・育児、マイホーム購入、マイカー購入、教育費など。こういった支出のたびにスムーズにお金を出せるようにするには、新婚の時点で夫婦が協力してお金をやりくりできる体制を整えておくことが大切です。
編集部
だ、断言されてしまった。
リリ先生
ちなみに、日頃の生活費をどのように出すかもしっかり話し合っておきたいですね。話し合う前に同居を始めてしまうと、決まりがないまま何年もたってしまいがちです。少なくとも同居前までには「家賃は誰が払う」「食費は誰が払う」とか、「毎月●万円ずつ出し合おう」などを決めておきましょう。とにかく2人で話し合って、ルールを決めておくことが大事です。
編集部
うちは話し合いをすっ飛ばして同居してしまいました。帰ったらすぐ話し合うようにします。
リリ先生
ぜひそうしてください。ところでAさんのところは共働きですか?
編集部
はい。
リリ先生
そうすると貯蓄は、それぞれ別々にしておくのが良いですね。
編集部
え、そうなんですか!?
せっかく結婚したし、貯蓄は一緒の口座がいいなと思っていたのですが…。
リリ先生
教育費やマイホームの資金は共同で積み立てておくのが良いですが、それ以外のお金は別々に貯蓄する方がいいです。例えば病気やけがなどのアクシデントがあったときや、家族の介護でお金が必要になるとき、自分の老後の生活などのために、それぞれの貯蓄も計画的に貯めておく方が安心ですし、それぞれ自分を支えられるよう貯蓄しておく方が、何かとリスクを回避できますから。
編集部
いろいろ勉強になるなあ。何かおすすめの貯蓄の方法ってありますか?
リリ先生
貯蓄型の保険はどうでしょう?
編集部
貯蓄型の保険?保険ってふつう掛け捨てですよね。
「貯蓄型」なんてあるんですか?
リリ先生
はい。
「貯蓄型の保険」とは、満期が来たときや解約をしたときにお金が戻ってくるタイプの保険のことで、養老保険や終身保険がこれにあたります。生命保険としての機能がありながら、貯蓄するために設計されていて、「契約してから●年後であれば、払った以上のお金が戻ってくる」というものもあるんですよ。
編集部
いいですね!
掛け捨てだともったいないなと思っていたんですが、払った以上のお金が返ってくる場合もあるなら、「貯蓄型の保険」にも興味が惹かれます。
リリ先生
給与から天引きで毎月決まった額を積み立てる「財形」という積立貯蓄もおすすめです。自動的に貯蓄分が天引きされてからお給料が振り込まれるので、初心者や忙しい人でも手間なく簡単に貯蓄ができるんですね。普通預金よりも若干ながら金利が高いので、もしお勤め先に導入されていれば、ぜひ活用してほしいですね。
編集部
なんだかがぜんやる気がでてきましたよ。
リリ先生、あと、教育費やマイホームのための貯蓄が必要になるんですが、始めるならやっぱり早めがいいでしょうか?
リリ先生
そうですね。
教育費もマイホームのための貯蓄もできるだけ早い方が有利です。結婚が決まったら始めるくらいでもOKですね。教育費もマイホームも、生活に欠かせないお金なので、リスクの低い金融商品がおすすめです。マイホームなら今言った「財形」がおすすめ。マイホームの新築や取得など専用の財形があり、一定額まで利子が非課税になるんですね。また、教育費は保険や国債などが良いと思います。保険には、学資保険のほかにも、今お伝えした「貯蓄型の保険」もありますので、ぜひ活用してください。
編集部
これで今度の結婚生活での、お金のやりくりに迷わずにすみそうです!
ありがとうございます!

今回のまとめ
  • 結婚後の「家計管理」の話し合いは、できるだけ早めにしておく方が有利。
  • 共働きの場合、教育費やマイホームの資金の積み立てとは別に、夫婦別々の口座で「貯蓄」をしておくのがおすすめ。
  • 夫婦別々の貯蓄は、自分の老後の蓄えやいざというときに使える。貯蓄の方法は、生命保険としての機能もありながら貯蓄することもできる「貯蓄型の保険」や財形を活用すると良い。
  • 教育費もマイホームのための貯蓄もできるだけ早めにスタートする方が有利。
ファイナンシャルプランナー 加藤梨里

ガイドProfile

加藤梨里(Lili Kato)

マネーステップオフィス株式会社 代表
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
マネーマネジメントコーチ
金融知力インストラクター
保険会社、信託銀行勤務を経てファイナンシャルプランナーに。
金融教育機関や生涯学習センターなどでセミナー講師を務めるほか、
日本FP協会での相談業務や金融教育授業にも多数携わっている。

ガッツリ貯まる貯金レシピ

リリ先生監修!

「ガッツリ貯まる貯金レシピ」

主婦と生活社 出版

レシピに沿って作れば、お料理はおいしくできます。
同じように、お金も「レシピに沿って」貯めれば、
初心者でも貯めることができます!
マイホーム資金から教育資金、旅行資金、老後資金まで、
手とり足とり親切な"レシピ"をご紹介します。




記事一覧

【PR】

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

金利見直しで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。