ホーム美人FP!リリ先生のハッピーマネー相談室 > 第1回 貯める?投資する?今年のボーナスはどう運用するとお得なの?

第1回 貯める?投資する?今年のボーナスはどう運用するとお得なの?

待ちに待ったボーナスシーズンの到来。
貯蓄しようか?投資しようか?いろいろ迷っている人も多いと思います。

そこで一回目は、
リリ先生に、夏のボーナスのお得な運用に仕方について教えてもらいましょう。

編集部
まず「貯蓄」でボーナスを上手に増やす方法はありますか?
リリ先生
おすすめなのが、銀行に預ける期間を決めて預金する「定期預金」にすることです。
この時期、定期預金にすると「キャンペーン金利」が付くことが多いのです。
編集部
キャンペーン金利?
リリ先生
キャンペーン金利は、キャンペーンの期間中に特別に適用される有利な金利のことです。
銀行が決めたキャンペーン期間中に定期預金をはじめると、満期になるまで有利な金利が付くというものです。
編集部
キャンペーンの間は、いつもより利子や利息が増えるということですか?
リリ先生
そういうことです。
ですからボーナスを銀行に預けるなら、「定期預金」にした方が、利子や利息を多くもらえるわけですね。ちなみに、キャンペーン金利は、通常の定期預金金利に「プラス0.1%」のようなかたちで上乗せされることが多いんですが、通常の2倍以上もの金利が付くこともあるんですよ。
編集部
通常の2倍以上!めちゃくちゃお得ですね!いつ頃情報が出てくるんでしょう?
リリ先生
ボーナス時期である6月と12月は銀行からの発売が集中しますから、まさに今が情報を集めるベストなタイミングです。各行のHPなどを見て、キャンペーン金利を比較してみるとよりお得な貯蓄先が見つかると思いますよ。
編集部
ありがとうございます。
次に「投資」でボーナスをうまく増やす方法ですが、最近「NISA(ニーサ)」がいいとよく耳にします。これはどういうものでしょうか?
リリ先生
「NISA」は、「Nippon Individual Savings Account」の略称。正式には、「少額投資非課税制度」とも呼ばれます。その名の通り、少しの金額の投資で得られた利益に税金がかからなくなるという制度です。税金面ですごく大きなメリットがあるわけですね。
編集部
あの…、
そもそもの話で申し訳ないんですが、株などでもうけると、そこに税金がかかるんですか?
リリ先生
はい。
株式などの投資では、売買や配当で得た利益に対して、20%の所得税がかかります。
編集部
けっこうな税金がかかるんですね。
リリ先生
ところが、「NISA」の口座をつくって、その中で買った株式や投資信託については、税金がかからなくなるんですね。ちなみに税金がかからないのは、年間100万円まで。5年間までは、毎年買った100万円までの株や投資信託から出た利益は、まるまる「もうけ」になるわけです。
編集部
なるほど。
それはお得ですね!さっそくどちらかはじめようと思うんですが、それぞれの注意点ってありますか?
リリ先生
定期預金は、一度預けると、もし満期までにお金が必要になったときには、中途解約しないと引き出せません。中途解約すると、原則としてキャンペーン金利は付かなくなってしまいますので、メリットはなくなってしまいます。
編集部
定期預金をはじめる前によく考える必要があるわけですね。
リリ先生
「NISA」の方は、株式や投資信託への投資をはじめることになりますから、それなりのリスクがあります。株や投資信託が元本割れしたり、場合によっては価値がゼロになるおそれもあります。また、NISA口座は一人1口座しか開けないなど細かい注意点もあります。はじめるに当たっては、事前に確認しておいた方がよいでしょう。
編集部
最後に、こういう状況であれば「貯蓄」に。こういう状況であれば「投資」にといった目安になることがあれば教えてください。
リリ先生
3か月から1年間くらいはボーナスを使う予定がなく、半年後に引っ越しをする、子供が学校に入学するなど、数か月から1年後にお金が必要になると分かっているときは、定期預金にした方がいいと思います。
編集部
なるほど。
リリ先生
一方、資金に余裕があり、数年は使わずにおいておいても大丈夫な方。投資資金がなくなったとしても、生活には困らない方は投資をはじめるとよいでしょう。ちなみに、旅行に行く、住宅ローンを繰り上げ返済するなど、すぐにお金を使う予定がある場合はボーナスで払った方がいいと思います。

今回のまとめ
  • ボーナスを貯蓄にする場合は、各銀行がこの時期に販売する「キャンペーン金利」付きの定期預金を利用するのがお得。
  • ボーナスを株などに投資する場合は、年間100万円までの購入であれば利益に税金がかからない「NISA(ニーサ)」専用の口座をつくるのがお得。
  • 定期預金は、満期が来るまで原則引き出すことができないことに注意して、しばらくボーナスを使う必要がないかどうか確認してから申し込む。
  • NISAは、あくまで株式や投資信託への投資をするので、元本割れや場合によって価値がゼロになることを覚悟することが大事。
ファイナンシャルプランナー 加藤梨里

ガイドProfile

加藤梨里(Lili Kato)

マネーステップオフィス株式会社 代表
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
マネーマネジメントコーチ
金融知力インストラクター
保険会社、信託銀行勤務を経てファイナンシャルプランナーに。
金融教育機関や生涯学習センターなどでセミナー講師を務めるほか、
日本FP協会での相談業務や金融教育授業にも多数携わっている。

ガッツリ貯まる貯金レシピ

リリ先生監修!

「ガッツリ貯まる貯金レシピ」

主婦と生活社 出版

レシピに沿って作れば、お料理はおいしくできます。
同じように、お金も「レシピに沿って」貯めれば、
初心者でも貯めることができます!
マイホーム資金から教育資金、旅行資金、老後資金まで、
手とり足とり親切な"レシピ"をご紹介します。




記事一覧

【PR】

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

金利見直しで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。