ホーム教えてFP > 第3回 住宅ローンを選ぶ3つのポイント

第3回 住宅ローンを選ぶ3つのポイント

マイホームは多くの人々にとって「人生で一番大きな買い物」です。数千万円もの買い物は、そう簡単にできるものではありません。マイホームの購入を実際に考えたとき、一般的に自己資金として数百万円が必要で、それ以外はローンで支払うことになります。つまり、住宅ローンは、多くの人にとって人生で一番大きな買い物となるワケです。
住宅ローンと一言でいっても、多種多様な商品があります。近年、特に多様化が進み、何をどう選んでよいのやら…という人も少なくないことでしょう。住宅ローンを選ぶときには、次の3つのポイントを押さえましょう。

①金利が安い ②諸費用が安い ③繰り上げ返済がしやすい

金利については、目先の金利優遇だけに気をとられず、将来に渡ったシミュレーションをしてみることが大切です。住宅ローンの金利タイプは大きく分けて3つあります。①長期固定金利タイプ、②一定期間固定金利タイプ、③変動金利タイプです。借入時の金利がずっと変わらないのが長期固定金利タイプ。一定期間だけ変わらないのが一定期間固定金利タイプ。定期的に変わるのが変動金利タイプです。それぞれ金利上昇時、下降時のメリットデメリットがあり、例えば、長期固定金利タイプの場合、金利が上昇しても返済額が変わらないのがメリットと同時に、金利が下がったとしても返済額が変わらないのはデメリットともいえます。変動金利タイプの場合には、金利が下降すると返済額が減少するのがメリットですが、金利が上昇すると返済額が増えるのがデメリットです。

住宅ローンを選ぶ際には、金利だけでなくトータルで見て選ぶ必要があります。保証料の有無、団信の保険料が金利に含まれているのかなど諸費用も要チェックです。さらに先々繰り上げ返済がしやすいかどうかも重要。まとまった金額でなければ返済できない場合や手数料がかかる場合があるからです。

新しい商品も続々と登場するので住宅ローンを組む際には最新の情報収集を怠らないようにしましょう。

記事一覧


【PR】

カードローンを探す

即日融資OK!

おすすめカード

初心者に人気

安心の銀行系

審査が不安

定番の消費者金融

ビジネスローン

女性でも安心

無利息期間あり

アルバイトOK!

低金利で探す

ネットで完結

リボ払いよりもお得

保証人不要

金利見直し

大口融資

カードローン用語辞典

分からないキャッシング・ローン関連用語をはコチラでチェック!

0から学ぶカードローン

ステップアップしながら、キャッシング・カードローンを学んで 正しい知識を身につけ賢く使おう!

カードローン体験談

キャッシングはこんなシチュエーションにも使える使い方の新しい発見ができるキャッシングの体験談

知っ得!ローンの豆知識

意外と知らないローンの知識、気になる所をパパッと即読み。

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!



▲PAGETOP

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。