ホーム教えてFP > 第14回 自分の信用情報はココで確認!

第14回 自分の信用情報はココで確認!

キャッシングを申し込んだら、まず調べられるのは個人の信用情報です。キャッシング業者は申込者の現在の他社利用件数や金額、過去のキャッシング履歴や延滞情報などを「日本信用情報機構」という専門の機関で照会する仕組みになっています。ここの記録次第では審査が通らないこともあります。気になる人は、自分の信用情報は自分でも見ることができるので、一度確認しておくと安心ですね。

手続きには、郵送による方法のほか、直接機構まで出向いて見ることもできます。郵送の場合、本人確認できる書類として、住民票、印鑑登録証明書、戸籍謄本(抄本)の原本の中から1通、健康保険証、運転免許証、パスポート、年金手帳などのコピーの中から1通用意し、専用の申込用紙とともに機構まで送ります。直接出向く場合に用意する書類は郵送の場合と若干異なるので予め機構のHPなどで確認しておきましょう。なお、手続きには1,000円程度の費用がかかります。また、携帯電話からも申込の手続きをすることができ、24時間365日利用することができるので便利です。

信用機関で登録されている情報は、氏名・生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、本人確認書類などの個人が特定されてしまうものから取引形態、貸付日、利用金額、入金日、残高金額、入金予定日、完済日、延滞記録など過去の取引に関するものまで多岐にわたります。キャッシングを申し込んだときに申告した情報ばかりでなく、例えば電話帳記載の氏名や電話番号、本人の申告コメントなど機構が独自に収集した情報も併せて記録されています。

万が一、うれしくない情報が載っていたとしても、必要以上に落ち込むことはありません。情報の登録期間は完済の日から5年以内、延滞に関する情報は延滞が解消した日から1年以内のように一定期間が過ぎると自動的に抹消されます。ただし、延滞し続けていれば記録が消えることはありませんので、早めに返済するようにしましょう。

記事一覧


【PR】

カードローンを探す

即日融資OK!

おすすめカード

初心者に人気

安心の銀行系

審査が不安

定番の消費者金融

ビジネスローン

女性でも安心

無利息期間あり

アルバイトOK!

おまとめローン

クレカよりもお得

在籍確認無し

低金利で探す

ネットで完結

リボ払いよりもお得

保証人不要

金利見直し

大口融資

カードローン用語辞典

分からないキャッシング・ローン関連用語をはコチラでチェック!

0から学ぶカードローン

ステップアップしながら、キャッシング・カードローンを学んで 正しい知識を身につけ賢く使おう!

カードローン体験談

キャッシングはこんなシチュエーションにも使える使い方の新しい発見ができるキャッシングの体験談

知っ得!ローンの豆知識

意外と知らないローンの知識、気になる所をパパッと即読み。

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。