ホーム5分で分かる!ニュース&トレンドの気になる数字 > 第69回 会社の資金繰りが厳しいときの救世主「ビジネスローン」って何?

第69回 会社の資金繰りが厳しいときの救世主「ビジネスローン」って何?

image69会社を運営している人にとって、資金のやり繰りは一番の悩み所です。ところが、資金繰りが厳しいときに、銀行にお金を借りに行っても手続きに時間がかかるし、審査が厳しく、なかなか融資してもらえないこともありますね。そんなときに利用できるのが、審査スピードが早い「ビジネスローン」です。

 

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主向けのローンのことで、主にクレジットカード会社や貸金業者などが扱っています。一番大きな特長は、やはり審査スピードが早いことでしょう。銀行と違い、基本的に無担保・無保証人で借り入れできるうえ、融資までのスピードも非常に早いものが多いです。そのため、例えば、従業員の給料や取引先への支払いなどが迫っているときに利用することで、支払いを間に合わせるといった用途にも使えるわけです。

 

またビジネスローンの特徴として覚えておきたいのが、このローンが「総量規制」の対象外であることです。総量規制とは、借りすぎ、貸しすぎを防ぐために、貸金業法に定められている規制のこと。貸金業者からの借入残高が、年収の3分の1を超える場合は、新たな借り入れができなくなるというものです。ところが、この総量規制がかかるのは、「個人」の場合。法人名義の場合は対象外になります。

 

一方、デメリットはどういったことでしょう?まず大きなポイントが、金利が高めであることです。また総量規制の対象外ということは、逆言うと、借りる金額に歯止めがなくなる可能性があるということ。返せる金額なのかどうか、きちんと判断することも大事でしょう。

 

さらに気を付けたいのが、ごくたまに悪徳業者がいるということです。無登録で貸金業を行っている悪質な貸金業者の利用は絶対に避けたいこと。心配な方は、金融庁などに「違法な金融業者に関する情報」などが掲載されていますので、そういった情報をチェックしてから利用するとよいでしょう。

 

今すぐ必要ではないという方も、いざというときはどんな会社でも来るものです。余裕のあるときにこそ、ビジネスローンのような“保険”となる情報を集めておくと、より安心して会社運営ができるのではないでしょうか。

 

 

——————————————————–

<PR>

ビジネスローンの検索はコチラから。

——————————————————–

記事一覧

【PR】

おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

アイフルカード
アイフルカード
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

カードローン
アコム
審査スピード:最短30分
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

三菱東京UFJ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン
審査スピード:
金利:1.8%~14.6%
最高限度額:500万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
審査スピード:
金利:4.0%~14.5%
最高限度額:10万~800万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。