ホーム5分で分かる!ニュース&トレンドの気になる数字 > 第192回 買った人や興味のある人はどれくらい?仮想通貨アンケート調査を読みとく

第192回 買った人や興味のある人はどれくらい?仮想通貨アンケート調査を読みとく

今、何かと話題になっている仮想通貨。仮想通過に関連するいいニュースも悪いニュースもあれこれ目にすることが多いですが、実際に買った人や興味を持つ人がどれくらいいるのか気になりませんか?「そろそろ自分も買ってみようか…」なんて思っている人の参考にもなるかとも思いますので、今回は仮想通貨に関するある調査をひもといてみましょう。

 

ひもとくのは、蔦屋書店などを展開することでも知られるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)が、2018年1月に実施した『仮想通貨に関するアンケート調査』。Tカードを使っている20歳〜69歳までの男女1501人を対象にインターネット上で実施した調査です。同社が公開しているプレスリリースの情報から、気になる結果をピックアップしてましょう。

 

まずこのページをごらんになっているのは、仮想通貨に多少なりとも興味がある人だと思うのですが、このアンケートでも、まさに「仮想通貨に興味・関心はありますか」という質問が投げられています。結果、「とてもある」「少しある」という回答をした人は全体で32.5%となったようです。興味深いのは、年代ごとにその結果が違うことです。まず20代男性は43.5%と4割以上が興味・関心があることを示したのに対し、50歳代男性は逆に、46.6%が興味・関心が「まったくない」と応えていました。つまり、若い人たちの方がより高い興味・関心を持ち、年齢が高くなるにつれ興味・関心が薄まる傾向にあるというわけです。

 

仮想通貨についてみなさんが一番気にしているのが、「みんなが買おうとしているのかどうか」ではないでしょうか?このアンケートではずばり、「仮想通貨を購入したいと思いますか」という質問も投げかけられています。その結果は、「既に購入している」人は全体のうち2.9%に過ぎませんでした。ところが「今まで購入していないが、今後購入したい」と答えた人は、25.2%に上り、4人に1人がこれから購入してみようかなと考えていることがわかりました。ただ一方で、それ以外の7割以上の人が「今まで購入していないし、今後も購入したいと思わない」と答えるという結果に。この調査の結果をみる限り、今のところ、購入する気がない人の方が圧倒的に多いことがわかりました。

 

ご紹介したい意識調査の結果がもうひとつ。このアンケートでは、「今後、仮想通貨は一般的になると思いますか」という質問も用意されていました。結果は、「一般的になると思う」と答えた人が17.2%だったのに対して、「一時的に流行しているだけで、一般的にはならないと思う」「流行していないと思うし、全く一般的にならないと思う」と答えた人が8割以上に上りました。つまり、今後、仮想通貨が一般的になると思っていない人が大多数を占めたわけですね。

 

この結果を見ると、仮想通貨については「まだまだこれから」あるいは「一時的なもの」という印象を受けるのではないでしょか。ただし、たとえばインターネットが普及する際に、大多数の人があやしんでいるうちに手を出して大きなお金を稼いだ人がいますし、歴史上そういった事例はたくさんあります。仮想通貨をチャンスと捉えるか、あやしいものと捉えるかはあなた次第。食わず嫌いをせず、まずは自分であれこれ調べてみることが、正しい判断をする(勝機を逃さない)秘訣です。

 

 

参照元:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)ニュースリリース

記事一覧

【PR】

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。