ホーム5分で分かる!ニュース&トレンドの気になる数字 > 第163回 ついにロボットとAIが、クレジットカードの入会手続きを担当しはじめた?

第163回 ついにロボットとAIが、クレジットカードの入会手続きを担当しはじめた?

カードの入会手続きといえば、窓口に行って、接客担当の人と向かい合って手続きするというのが、これまでのやり方でした。ところが、昨今のAI(人工知能)やロボットの発達は目覚ましく、実は今年(2017年)6月から、カードの入会受付や手続きをロボットだけで済ませようという実証実験が始まったんですね。

 

実証実験を発表したのは、イオンクレジットサービス株式会社と株式会社イオン銀行。ロボット技術を使ったイオンカードの入会受付と、AI技術を活用したコンシェルジュ業務の実証実験を開始したといいます。

 

では具体的にどのような実験内容になっているのでしょう?まず入会受付では、ソフトバンクの広告などでもおなじみの人型ロボット「Pepper」を活用しています。イオンカードに入会する客に対して、店頭スタッフにかわり、カードの機能や特典、入会受付の際の間違いやすいポイントなどの説明をして、入会手続きの完了まで対応するといいます。ちなみに1台の「Pepper」で同時対応できるのは、最大3人のお客さんまで。よりスピーディで効率のいい対応を実現できるといいます。

 

そしてコンシェルジュ業務では、コミュニケーションロボットの「ロボコット」(タケロボ株式会社)を活用。店頭スタッフにかわり、客からの質問や商品案内などに対応するそうですが、ポイントは人工知能技術を使っていること。「ロボコット」は、AI(人工知能)プラットフォームとつながっていて、客との会話のやり取りを画面に表示し、質問にもわかりやすく対応するといいます。

 

同社によると、こうしたロボットやAIを活用することで、クレジットカード入会手続きにかかる待ち時間の解消や、受付業務のスピードアップなどを目指すといいます。ねらいが巧くいくかどうかは、今後の展開次第だとは思いますが、われわれ利用者側からすると、本当にロボットによる接客だけで、複雑なカードの入会手続きができてしまうのか、かなり興味深いところですよね。

 

リリース情報によると、実証実験はまず千葉市にあるイオンモール幕張新都心で一定期間行われ、その後、設置店舗を増やしていくそうです。となると、どこかの店舗でロボットによる接客を受ける機会があるかもしれません。将来的には無人店舗の導入まで見据えているといいますから、もしかしたら近い将来、人がいない店舗でロボットを相手にカードの入会手続きができてしまう世の中になるのかもしれません。ロボット技術やAI技術が社会を支える時代はもうすぐそこに来ているようですね。

記事一覧

【PR】

おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

アイフルカード
アイフルカード
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

カードローン
アコム
審査スピード:最短30分
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。