ホーム5分で分かる!ニュース&トレンドの気になる数字 > 第161回 どんどんやった方がいい!?「副業推進」に国も舵を切った?

第161回 どんどんやった方がいい!?「副業推進」に国も舵を切った?

副業といえば、少し前だと後ろめたい気持ちがあるのが普通でした。多くの会社がNGを出していましたし、今もそういう会社に勤めている人も多いでしょう。ところが今後はそうした副業に対する意識ががらりと変わってくるかもしれません。国が、副業や兼業を積極的に勧める方向に舵を切ったのです。

 

今政府は、いわゆる“働き方改革”を推進していることはニュースなどでも取り上げられていますね。そうした中、今年(2017年)3月に働き方改革実現会議で取りまとめた「働き方改革実行計画」において、「副業・兼業を認めている企業は、いまだ極めて少なく、その普及を図っていくことは重要である」と示しています。つまり、はっきりと「副業・兼業の普及を図ることは重要である」と提言したわけですね。

 

こうした政府の動きに伴い、経済産業省では、2016年11月より「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」を設置。兼業・副業の実態や優良事例の把握することで、課題や政策的方向性を検討してきました。その成果のひとつとして今年5月に「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」を公表。その内容を少しのぞいてみましょう。

 

紹介されているのは、兼業や副業に取り組み個人や企業の事例です。たとえば個人であれば、本職のほかに、本職で身につけた技術を地域に貢献したり、社会課題の解決につながる事業をはじめた人の事例などが紹介されています。

 

そして企業事例の紹介では、よく目にする大手企業の事例も。たとえば、安全な食品のインターネット販売で知られるオイシックス株式会社では、ある条件をクリアすれば副業・兼業が認められていることが紹介されており、従業員のスキルアップや人間的な成長につながると捉えているようです。またグループウェアの開発で知られるサイボウズ株式会社では、「100人いれば、100通りの人事制度があってよい」という考えから、会社の資産を毀損する可能性がない限り副業を認めており、社外の知識を取り込むことでイノベーションの想像につながったり、個人の自立を促進することができると考えているようです。

 

そのほか、ディスカウントショップで有名な株式会社ドン・キホーテや、インターネット接続サービスのさくらインターネット株式会社など複数の事例が掲載されており、世の中全体が少しずつ副業・兼業を認めてくる流れになっていることを実感できる内容となっています。

 

当コラムでも何度かご紹介してきた副業。今後は、なんら後ろめたさを感じることなく、どんどん取り組める時代になっていくのかもしれませんね。

記事一覧

【PR】

おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

アイフルカード
アイフルカード
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

カードローン
アコム
審査スピード:最短30分
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。