ホーム5分で分かる!ニュース&トレンドの気になる数字 > 第154回 怖いけど知っておきたい。「ヤミ金」で借入れした人の実態

第154回 怖いけど知っておきたい。「ヤミ金」で借入れした人の実態

一度お金を借りてしまうと大変なことになってしまう無登録業者「ヤミ金」。その怖さはいろいろなところで伝えられていますが、いまだに被害者が後を絶ちません。では、その利用実態はどのようになっているのでしょう?金融庁がウェブサイトに掲載している委託調査の結果から気になる情報をピックアップしてご紹介しましょう。

 

はじめに「そもそもヤミ金とは何か?」ということから。カードローンやキャッシングなどの貸金業を営む人は、その主たる営業所などの所在地を管轄する財務局長、あるいは都道府県知事の登録を受けなければなりません。その登録を受けていない無登録業者のことを、いわゆるヤミ金というのです。ヤミ金は違法な高金利であるため、一度お金を借りてしまうと、返済金額は雪だるま式に膨れあがり、あっという間に返済不能の状態に陥ってしまいます。

 

ではここからヤミ金の利用実態を見ていきましょう。参照するのは、金融庁がウェブサイトに掲載している委託調査「貸金業利用者に関する調査・研究<調査結果>」です。これは2015年に実施されたインターネット調査で、20~70代の男女を対象に行われたものです。

 

まず気になるのは、ヤミ金をどれくらいの人が利用しているのかです。この調査では、3年以内に借入をした経験がある人にヤミ金を利用した経験があるかどうか訊ねています。結果、ヤミ金の「利用経験あり」と答えたのは全体の3.4%となりました。実は同調査は2014年にも実施されているのですが、このときの「利用経験あり」と答えた人は5.5%。わずかではありますが、ヤミ金の利用者数は減少傾向にあるようです。

 

ではヤミ金でお金を借りた人は、どのような理由から利用してしまったのでしょうか。調査によると、「借入れ限度額に達したため」が最も多く35.4%。次いで多いのが「手続きが簡単であったため」で25.6%です。ちなみに接触のきっかけは「新聞・雑誌の広告を見て」「インターネットの広告を見て」が同率で最も多く17.1%となっています。

 

また同調査では実際にヤミ金を利用した感想も聞いていますが、多いのが「金利の負担が重かった」(25.6%)、「今後は絶対に借りない」(19.5%)、「生活(事業)が悪化した」(18.3%)です。この感想の調査結果を見ても、どんな理由であれ、ヤミ金を利用することは、生活に大きな悪影響を及ぼすということが垣間見えるのではないでしょうか。ちなみにヤミ金を利用した方の借入額(借入元本)は「1~10万円以下」が32.9%と大多数。ここから、どんな少額であっても、一度借入れをしてしまうと、大変な被害に遭ってしまことが覗えます。

 

ヤミ金は利用しないことが被害を防ぐ一番の防衛策。とはいえ、万が一「知らずに利用してしまった」ことから被害にあってしまうこともあります。そうした場合には、自分だけで悩まず、すぐに警察や弁護士会、国民生活センターや日本貸金業協会などに相談するようにしましょう。

 

 

——————————————————–

<PR>

安心して利用できるカードローンはこちら!

——————————————————–

記事一覧

【PR】

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。